購入ガイド

お住まいの購入から引っ越し後までの流れ

お住まいの購入

お住まいの購入の流れ

夢のマイホーム 夢は膨らみますよね!

ここでは、資金計画から物件見学、そしてご契約、引っ越し後と一連の流れをご説明させていただきます。

ご確認いただけると大きな流れが解るのでスムーズに物件の購入ができると思いますので、ぜひご一読くださいませ。

※全ての段取りは、当社が無料で手配いたしますので、ご安心ください。

STEP1 資金計画を立て無理のない支払いを確認

無理のない資金計画を

無理のない資金計画を

まずは、自己資金やご年収から、金融機関からの借り入れを計算します。

ご購入可能な物件価格 = 住宅ローン借入金額+(自己資金-購入諸費用)

※諸費用部分も金融機関によって、諸費用込みでお借入出来る住宅ローンもございます。

 諸費用は出来る限りディスカウントさせていただきます。

その際、車のローンやカードローンがある場合はお申し付けください。

借り入れがある場合は金融機関からの借り入れ上限が低くなるのです。

ご年収から金融機関からの借り入れ上限と、ご希望の月々の支払い額をご説明させていただきます。

金融機関により特徴や強みが違うので、ご要望をお聞かせください。

※過去住宅ローンで否決になってしまった方やローンが不安な方もお気軽にご相ください。

専門用語等もしっかりと解りやすくご説明させていただきます。

<弊社では電話やメールでも資金計画を立てさせていただきます。お気軽にご連絡ください>

STEP2 物件を見学しよう!

物件見学

ワクワク物件見学!

気になる物件がありましたら、まずは物件の見学です。

物件のご説明だけでなく、周辺環境についても把握していただけるようさまざまな資料や情報をご用意いたします。

お客様はご覧になられた物件の感想をご遠慮なくお伝えください。

直接お客様のご希望を具体的に感じることで、より一層お客様のご希望条件に見合った物件をご紹介できるようになります。

 

STEP3 契約・住宅ローン申し込み

契約について

契約・ローン申し込みについて

希望の物件が見つかりましたら、いよいよ重要事項説明・売買契約です。

 

◆<重要事項説明>約1時間~1時間30分

ご契約の前に、宅地建物取引主任者が、宅地建物取引業法で定められた物件の重要な部分のご説明を行います。

ご安心・ご納得してご購入して頂くために、しっかりとご確認して下さい。
契約締結の前に再確認するためにも、良く説明を受けて、疑問・質問等があれば、しっかりと確認して下さい。ご不安を解消し、安心して、ご契約いただけるよう、弊社では早めにご説明していきます。

重要事項説明は、おおよそ1時間~1時間30分ほどかかります。

 

◆<売買契約>約30分~1時間

売主様と買主様との間で、不動産売買契約の締結です。

契約時の持ち物は下記になります。

・実印

・手付金

・印紙代

・ご本人様確認書類(運転免許証等)をご持参ください。

・源泉徴収票・市県民税決定通知書

・借入がある場合は返済明細書等(車のローンやカードローン等)

 

◆<住宅ローン申し込み>約30分

お客様のご要望に合わせて、金融機関にローンの申し込みをします。

迅速にローンの申し込みを行わないといけないため、契約前又は契約時に住宅ローン事前申し込みを行います。

なぜかといいますと、重要事項説明でも必ずご説明するのですが「万一、住宅ローンが否決された場合は、白紙解約になり手付金をお返しする」という期限付きの条項が必ず付きます。(期限が過ぎると白紙解約が出来なくなるため迅速に申し込みを行います)

これは、一般のお客様を守るための条項です。家は欲しいけれど住宅ローンが組めなければ購入できない方が大半だからです。

このため、上部でお話させていただいた、前もっての資金計画が重要となります。

住宅ローン事前申し込みは(2~3日で結果が出ます)

 

◆住宅ローン事前内定取得後、住宅ローンの本申込みを行います。(1週間で結果が出ます)

ご契約から数日後、住宅ローン事前申し込みの結果が出ましたらローンの本申込みになります。

住宅ローン事前申し込みは簡易的なものですが、住宅ローンの本申込みは、印鑑証明書等の公的書類必要になります。

また、この時に団体信用生命保険の申し込みも行います。

※団体信用生命保険とは、ローンを組んでいる方が万一、高度な障害や、お亡くなりになった際にローンがなくなるという生命保険です。銀行や信用金庫は生命保険料が金利に含まれています。フラット35は加入は任意になり別途費用が発生します。

本申込み時の持ち物は下記の通りです。

・印鑑証明書

・住民票

・実印

・所得証明書(課税証明書)
※自営業の方は3期分の決算書と納税証明書(その1その2)が必要です。

STEP4 金銭消費貸借契約

金融機関へ

お金の借りる契約

住宅ローンの本申込みが内定しましたら、金融機関にて金銭消費貸借契約となります。

「金銭消費貸借契約」とは、住宅ローンの契約の正式名称です。

金融機関にて行うため、基本平日にお休みを取っていただく必要があります。

必要書類は下記の通りです。

・新住所の住民票

・新住所の印鑑証明書

・印紙代

・身分証明書(免許証・保険証)

・その他、金融機関に要請された書類


まだ引っ越しは済んでいませんが印鑑証明書や住民票は、新住所での提出になります。

理由は「住むために購入することの証明」です。

新住所で登記をするメリットが2つあります。

◆住むために住宅を購入すると登録免許税の減税が大きく受けられます。

◆新住所で登記することで、登記の住所変更登記が必要なくなり登記費用を節約できます。

STEP5 現地立会い(内覧会)

家族みんなで!

現地立会い

現地立会い(内覧会・オーナーチェックとも呼びます)

決済・引き渡しの前に、売主・買主・当社にて、完成じたお住まいの確認を行います。

売主より、設備の説明を受け、大きな傷や汚れのチェックを行います。

基本、お引き渡しまでに補修をしてのお引き渡しとなります。

お引渡しまでに間に合わない場合は、後日にはなりますが、責任を持って補修していただきます。
どうしても人間が手作りで建築したお住まいですので、常識的な補修となります。

この現地立会いの際に、ライフライン(電気・ガス・水道)の開栓の手続きの手順もご説明いたします。
※ガスの開栓に関しましては、前もって電話連絡をし、引き渡し後の日時を予約し立ち合い後の開栓となります。

STEP6 決済・引き渡し

お引っ越し

決済・お引っ越し

とうとう夢のマイホームが自分のものになる、決済・引き渡しです。

ご融資の実行を行い、売主様に売買代金の残金を支払い、物件の所有権がお客様に移ります。

これと同時に所有権の移転登記手続き、鍵の引渡し、諸費用の清算等を行います。

当日は、買主様の融資銀行にて、司法書士の先生が立合いのもと売主・買主・弊社(小川)で行います。

※段取り等は全て弊社で行いますので、ご安心ください。全て無料で行います。

STEP7 引き渡し後のアフターフォロー

お引っ越し後

お引っ越し後のアフターフォロー

住宅購入後も継続的なサービスをご提供します。

住宅購入後もその後にかかってくる税金や、住宅ローン控除の確定申告、ローンの借換えなど考えなくてはならない事が多く有ります。

弊社では住宅購入後も安心してお住まい頂くために、アフターフォローにも力を入れております。

地元に根差すため頑張りますので、引き続き、末永いお付き合いをお願いいたします。

会社案内

店舗仲介手数料無料旗

株式会社いずなみホーム

埼玉県川越市並木西町18-18

メールフォームはこちら

弊社はお客様がご要望していない電話連絡や、お約束無しの訪問等は一切行っておりません。
もちろん秘密厳守・無料相談・無料査定
お気軽にお問合せください。

お客様の声